スイミング新着情報

梅雨の中休み。中南信高校総合体育大会in松本市民プール

staff.jpgじめじめとした天気が続いている毎日です。梅雨と言えばしとしと雨が降るイメージがありますが、最近は急にドシャ降りになったり、ほんの少しだけ降って、逆に蒸し暑くなったり、、、最近梅雨らしい天気はなかなかありませんね。

このブログを書いている時点で学童スイミングのお友達からは、保育園・幼稚園・学校でプール開きが始まったよ!って声が聞こえてきます。なんだか肌寒い日もあったりして、え?もう?!って驚きます。ちなみにプールのシャワーは地獄のシャワーだよ!って教えてくれます。確かに6月じゃまだ寒くてシャワー浴びるだけで大きな叫び声が聞こえそうですよね。

思い返してみれば、高校時代、5月の連休明けからプール掃除をして、水温20℃前後でも毎日部活をしてました。本当に寒くて、泳いでいないと体の温度がどんどん下がっていくんですよ。でもこの時期から泳ぎこまないと間に合わないんですよね。中南信高校総合大会に。

さて、6月17日(日)松本市民プールで平成30年度中南信高校総合大会が松本市今井の市民プールで行われました。
中南信総体開会式400.jpg
高校総合体育大会としては、水泳競技が一番最後の競技になります。そうですよね。寒いですし。それでも前日までの梅雨らしい天気が回復して1週間の中では唯一快晴の中開催されました。ウォーミングアップ時には高校生達の冷たい!寒い!と言う声も響いて、自分が参加してた頃を思い出して懐かしくなりました。

SAM中央からは、窪田一真選手(田川高校)、坂口奎弥選手(豊科高校)、中東郁葉選手(松商学園)の3名の参加がありましたが、それぞれに普段のSAMの顔とは違う、新鮮な顔を見せてくれました。

この大会から今期の中信地区の屋外競技会の幕開けです。8月の市民大会、9月の中信選手権ではSAM中央の選手たちがどんな活躍をしてくれるのか、今から楽しみです。