スイミング新着情報

SAMグループ合同合宿終了!慣れない環境の中で2日間頑張りました!

staff.jpg12月29日(土)30日(日)に年末恒例のSAMグループ合同合宿が行われました。SAM長野・SAM三輪・SAM松本・SAM石芝・SAM中央・SAM塩尻、県内6店舗から総勢約350人が集まりました。練習場所・コーチ・一緒に練習するお友達、全部が違う環境の中で、SAM中央から参加した48名はカメさんー16級が松本会場、15級ー13級が石芝会場、11級ー9級が塩尻会場、8級ー1級が中央会場で頑張りました。

SAM中央では75名の1級から8級までが、7人のコーチに指導してもらいました。当日の欠席や、大きなケガをしたり・具合が悪くなる子もいなかったのでくたくたになるまで泳ぎこみましたが、参加した子だけでなく、絶対に上手にさせたい!という想いから指導に力が入ったコーチも同じ様にくたくただったかもしれません。
合宿練習中.jpg
合宿練習中2.jpg
合宿1日目は午前・午後の練習時間が190分と本当にいつも以上に練習を行いますが、練習だけでなく1日目には各施設で合宿恒例のレクリエーションが行われました。上級コースのSAM中央では泳ぎながら楽しむ事をコンセプトに『着衣泳リレー!』

2回泳ぐ子も含めて総勢84名が6チームに分かれ、T シャツをバトン代わりにそれぞれが25mをクロール・バタフライ・平泳ぎで泳ぎました。学童スイミングにいると水泳のリレー競技をする事は滅多にないと思いますが、それぞれに自分のチームを応援してすごく盛り上がりました。練習だけでなく楽しかった想い出も作ってあげる事ができたかな?と思います。
着衣泳.jpg
着衣泳2.jpg

1日目が終わって一番のお楽しみ!お友達同士のお泊まり!宿についた瞬間からみんなのテンションがあがって行くのがよくわかりました。スイミングの時の様子しかわからないコーチには普段のおうちでの様子がちょっと見える楽しみな(保護者の方の苦労がわかる?)瞬間でした。

2日目は午前は練習・午後は進級テスト。僕の担当していた子達も初日最初の泳ぎと比べるとみんな本当にきれいなフォームで泳げるようになってテストするのが楽しみでした。ただ、心配だったのは2日間練習後の疲れが溜まっている中での進級テスト。

新しい泳ぎ方を覚える事は本当に大変ですし、なおかつタイムを突破できるように、となると厳しい事もあります。でも、合格する事だけが目的ではなくて、普段と違う教えられ方をして、泳ぐ楽しみ、ただ泳ぐだけでなくどうすればきれいに速く泳げるかを理解して練習する事もすごく大事だよ?と全員合格させてあげられなかった自分をごまかしています。

合宿終了時に『今回進級テストで合格できなかったからと言って悲しむ事は何もなくて、頑張って練習してきた事はみんなの泳ぎの中に残ってるから、学童スイミングの時間の進級テストで合宿で練習してきた事を思い出しながら全力で泳いでごらん!その泳ぎが合宿で練習してきた本当の成果だよ!』と、声をかけましたが、本当に慣れない環境の中で2日間頑張って練習を行いました。

保護者が迎えにきた時に『合格できなかった、、、。』と泣き出してしまう子をみた時はもっと上手にしてあげて笑顔で帰ってもらえるようにしてあげればよかったと僕も涙がこみ上げましたが、自分への悔しさをさらにバネにしてこれからの指導にもっと力を入れようと思いました。

長くなりましたが、合宿で頑張ったみんな、申し込みをしてくれた保護者の方々、ありがとうございます。これからもSAMグループをよろしくお願いいたします。