スイミング新着情報

第45回JSCA新年フェスティバル水泳競技大会報告(正式結果掲載)

競技会.jpg
第45回JSCA新年フェスティバル水泳競技大会が長野市アクアウィングで1月13日(日)ー14日(月)に開催され、県下47クラブから約1000人の選手が参加する中、SAM中央からも53人の選手が206個人種目と16リレー競技に参加をしました。
新フェスタイトル.JPG
JSCA新年フェスティバル水泳競技大会では順位に応じてポイントがつき、その合計で男女総合成績が発表されます。SAM中央は過去に7年連続で男女総合優勝を獲得していた事もありましたが、近年ではDグループEグループでのポイント獲得が伸びず、BグループCグループで主に順位の持ち上げをしていました。今年もBグループ男子・女子共に総合優勝、Cグループ女子が総合優勝を獲得し、男女総合優勝では昨年の5位から3位に順位をあげ、女子Bグループ優秀選手には青木藍理さん(小5)が選ばれました。
優勝トロフィー.JPG
グリコ.JPG
また、今開会ではSAM中央選手がリレーで2種目、個人で3種目の大会新記録を更新しました。以下大会新記録になります。
・吉江世梛 10歳以下男子 50m平泳ぎ
・吉江世梛 10歳以下男子 100m平泳ぎ
・柳澤陽菜 11?12歳女子 100m自由形
・10歳以下男子 200mフリーリレー(清澤・濱・上條・吉江)
・10歳以下男子 200mメドレーリレー(上條・吉江・清澤・濱)
SAM中央全出場選手の正式結果はこちら→第45回JSCA新年フェスティバル.pdf

チームSAM中央.jpg
SAM中央では主力選手がBグループCグループに固まっていますが、現在の泳力級を維持したまま上位グループに上がっていけば、SAM中央が男女総合優勝に復活する事も期待してしまいます。そのためにも選手個人が日々の練習を怠ることなく、自分の中の目標に向かう努力も必要ですし、選手の泳力・モチベーションを高めてあげられるように指導・助言をしてあげる事も大事になり、保護者の方の協力ももちろん必要で、その全てを合わせてSAM中央として成長をしていければと考えます。

第45回新フェス.jpg